風俗で働く私にはレボフロックスは大事!クラミジアから守る体

クラミジア治療薬

性感染症治療の為の処方箋薬品、レボフロックスは、クラミジア等の性感染症治療の処方箋薬品、クラビットのジェネリック(後発医薬品)医薬品です。
男性は、膿の等の分泌物や痛みを伴う排尿、女性の場合は、オリモノの増加、不正な出血等の症状が出るクラミジア、淋病、ヘルペス等の症状が出た時に服用します。

【レボフロックス・特徴】

1日に1度服用するだけで効果があり、尿道炎、淋病、クラミジア等の特効薬です。
症状の度合により、用量や服用期間が変わってきます。レボフロックスは、副作用報告が比較的に少ない薬です。
性感染症の処方箋薬ではありますが、副鼻腔炎等の治療にも利用されます。服用上の注意としては、妊娠中、または、妊娠の可能性はある女性は、服用は避けた方が良いでしょう。

このように、様々な感染症に定評のある処方箋薬のレボフロックスは通販でも入手する事が可能です。
クラビットのジェネリック(後発医薬品)医薬品に分類されます。
本来、性感染症治療の処方箋薬ですので、国内では専門医の処方箋が必要となりますが、個人で使用する目的の場合に限り、個人輸入代行のサービスを利用した通信販売での入手が可能です。
レボフロックスはクラミジア、淋病、その他、様々な感染症等の治療に有用な医薬品です。この治療の処方箋薬である特徴としての大きな強みは、有効性、安全性が非常に高いというところです。
非常に強力な抗菌作用と適応する症状の幅広さで、通信販売を含めれば、全世界100カ国以上で販売されております。このレボフロックスを通信販売(個人輸入)で購入出来るという事は、ナイーブな特性のお薬という観点から考えても、非常に大きなメリットであると言えます。

【先発薬と後発薬の比較】
クラビットは(250mg)の1錠あたり、約250円となります。レボフロックス数量により変動しますが、割高となる100錠入1箱だとしても(250mg)の1錠で、約61円とクラビットの4分の1の値段で購入する事が出来ます。