風俗で働く私にはレボフロックスは大事!クラミジアから守る体

レボフロキサシン成分

性行為を行うにあたり不安な点を挙げれば、性感染症への心配ではないでしょうか。
そんなクラミジアを代表している性の感染症の治療に使われている薬でクラビットというものがあります。
レボフロキサシンが有効成分として含まれておりますが、この成分が体内で増殖を起こそうとしている細菌を消すためにもっとも重大な役割を果たすのです。

性感染症といわれるだけあり、クラミジアの原因としてあるものでいちばん多いのがやはり性行為です。
特に日本ではもっとも多くの人がかかっている感染症とされており、10代~20代を中心に広がっている病気です。

レボフロキサシンはそのような感染症にかかってしまった人を助けるだけでなく、ほかにも急性気管支炎や肺炎、中耳炎などや外傷、やけどなどの二次感染等、日常生活の中で比較的起こりやすいような症状にも効果があるとされております。今挙げた症状はほんの一部ですがまだまだ適している症状はたくさんございます。
服用方法としては一日に一回服用するのが一般的ですが症状の軽度に応じながら服用する量を決めることをおすすめしております。

話は先ほどに戻りますがクラミジアは自覚症状が無いのも特徴でございます。
ですので症状が重度になるまで気づかなかったり、知らず知らずのうちに性行為に及びパートナーに感染させてしますケースも少なくありません。
ですが、感染する状況はさまざまでキスするだけで移ってしまう場合もありますので皆さんの抱いている性行為のイメージと相違があると思いますので、一概に具体的な移り方を説明するのは難しい部分ではございます。

レボフロキサシンの副作用は一般的にはあまり強く感じる方は少ないようなのですが報告されている症状として一部ご説明させて頂くとすれば、体の痺れ、食欲がなくなる、だるさや苛立ちを感じる。
重度になれば歩くことが難しくなる、幻聴や幻覚が見える、痙攣などが挙げられます。
個人差がありますので重度の人は服用を控えることがいちばんでしょう。

性感染症にならないことがいちばんですが、感染者の手助けとして上記で説明したような薬があることを覚えておいて頂きたいですね。